2013年8月31日土曜日

秋の食欲に備えての作りおき、冷凍庫へ

うちはおやつは手作りが多いです。
これは板チョコとアーモンド入りのスコーン。

暗めに撮ってます!



牛乳入りで卵はいれないレシピ。
フードプロセッサーでガーッと混ぜて作ります。
最近はイオンの発酵バターを気に入って使ってます。398円くらい。

これは紅茶と胡桃入りのスコーン。



味見しながら撮ってます。
お腹空いている時に作ると、味見で3個くらいなくなってしまう事もあります。

夏の間はゼリーとか冷たいおやつが多いですが、
そろそろ涼しくなってきたので。

いつも冷凍しておいて、
小腹が空いた時にトースターで焼いてから、美味しくいただいております。

トルコキキョウ、晴れの日、雨の日、曇の日

トルコキキョウのピンク。
最近我が家に仲間入り。

ここ最近、
うちの庭で撮れる花が不足していたので、トルコキキョウばかり撮っていました。

ここ数日間のトルコキキョウを5枚。


この日は曇りの日。
植木鉢ごと家の中に持ち込んで、タイルトップワゴンの上に置いて真上から。
2013年8月23日

この日は雨の日。
外に置いたまま。暗めに撮ってます。
2013年8月24日撮影

これも同じ日の夕方だったかな。
玄関に置いて。
2013年8月24日撮影

この日は午前中晴れていて。
お気に入りのキッチンの掃出窓の外を背景に。

風がさらさらと流れ吹いている感じ。
2013年8月30日撮影
 これも同じ日の同じ時間帯。
2013年8月30日撮影

光の加減、しべを見せて撮るかどうかでも随分違って写せるんですね。


最近急に涼しくなって過ごしやすくなってきましたが、
今日は天気が不安定で蒸し暑いですね。

早く秋の爽やかな風を感じながら、外の景色を撮りにお出かけしたいです!

2013年8月30日金曜日

夏の定番のおやつのひとつ

2013年8月22日撮影

これはミルクゼリーの上に珈琲ゼリー、その上にmowのアイスクリームをトッピング。
てんこ盛りです、溢れそうでした。

いつもはカフェオレボウルみたいなのに、たっぷり入れていただきます。

夏はいろんなゼリーを作ってアイスクリームと組み合わせて食べるのが大好きです。

この時期いろんな場所で見かける百日紅

ご近所の施設の近くにあった、サルスベリ。
漢字は『百日紅』、なぜに百日紅と書いてサルスベリと読むのか?

ちょっと気になったので調べてみたら、
こんな記載があったので参考まで。

樹皮は褐色で所々はがれて白い肌があらわれ、縞模様になります。樹皮のはがれた部分はつるつるしているところから、「猿も滑って落ちる→猿滑り」というのが、名前の由来とされています。漢字では「百日紅」という漢字を当てますが、これは開花期間が長いところにちなみます。(ヤサイエンゲイさんより抜粋)

2013/8/22撮影

花言葉は
「雄弁」「愛敬」「活動」「世話好き」

サルスベリの詳しくは『花言葉辞典』『ヤサイエンゲイ』↓参考まで

http://www.hanakotoba.name/archives/2005/09/post_95.html http://yasashi.info/sa_00006.htm

2013年8月23日金曜日

それぞれがすくすくと育って

これはスプレー菊の一種でしょうか。

それぞれの花がすくすくと育っているイメージです。
このピンク色も好き。



すくすくとって言葉が大好きです。植物が伸びていく様を観察するのも大好き。
ミントとか水に挿して、根が伸びていくのを見るのも大好きです。
すくすく
(副)
 
元気よく成長するさま。樹木などが勢いよく伸びるさま。また、高くまっすぐ伸びているさま。
「子供が―(と)育つ」「竹が―(と)大きくなる」「繋船(かかりぶね)の帆柱が―と/歌行灯(鏡花)」
 
「すくすく」に似た言葉≫ 類語の一覧を見る
伸び伸び  伸びやか  のんびり  自由闊達
 
三省堂 大辞林より
※この写真は2013/7/21花フォトレッスン帳 夏の会の室内撮影実習の際に撮ったものです。
このイベントの詳しくは↓
http://watamomo.meriken.jp/lesson/index.html

夏でも丈夫に花が咲く、ペンタス



これはペンタス。
うちの庭は夏、日当たりが良すぎて花は枯れやすいのですが、このペンタスはいっぱい花をつけてくれています。

花言葉:願い事、希望は実現する、誠実、博愛、あざやかな行動

ペンタスについての詳しくは↓を参考に
http://pcweb.hobby-web.net/7109/79071.html

マツムシソウのいろんな姿を

これはマツムシソウ、5枚。
西洋マツムシソウはスカビオサとも言うらしく。

あまり聞きなれない花の名前でしたが、花びらがひらひらして可愛かったです。

これ万華鏡みたいで、紫の色が綺麗に出ています、と自画自賛。


花のうしろすがたを撮るのも好きなんですよね。


ピンク色の後ろにラベンダー色のが。
同じくらいの背の高さで、並んでるイメージです。


これは湯上がりに湯気に包まれているイメージ、私の中では。


このピンク色が可愛い。
白とピンクのグラデーションが好きです。



花言葉は
「不幸な恋」「恵まれぬ恋」「わたしはすべてを失った」「悲しみの花嫁」「風情」「健気」
(西洋マツムシソウ・スカビオサ)「感じやすい」「未亡人」「恵まれぬ心」


あまりいい言葉がありませんね。
いいのは風情とか健気くらいでしょうか。

私、負のイメージの言葉って好きではありません。自分では極力書かないようにしているくらい。
縁起が悪い気がします。

マツムシソウについての詳しくは↓を参考に

http://www.hanakotoba.name/archives/2005/09/post_298.html

※この写真は2013/7/21花フォトレッスン帳 夏の会の室内撮影実習の際に撮ったものです。
このイベントの詳しくは↓


http://watamomo.meriken.jp/lesson/index.html

2013年8月20日火曜日

窓辺、気分で着せ替え、作って遊ぶ。


これは中庭の窓。
この前キッチンの掃出窓のカーテンを作って、そのあまり布で小さい窓のカーテンも。

写真では分かりにくいですが、ガーゼ生地に薄くドット柄、
それにリバティの端切れを縫い付けて。

カーテンは季節や気分で替えてます。
好きな布を見つけたらミシンで縫って、作って遊んで。

写真では丈が揃ってないようにも見えますが、風で揺らめいているのを撮ってます。


よく買いに行っている布屋さん、
Check&Stripeのサイトは↓

http://checkandstripe.com/

2013年8月19日月曜日

同じ花のピンクでも撮り方でこんなに

この花、トルコ桔梗の一種でしょうか。

このピンク色はまだ若くて純真無垢な感じ。少女っぽいイメージ。





こちらも同じ花だと思いますが、撮り方の違いで、色褪せた感じに見えますね。

こんなピンク色も好きなのですが、バックの黄緑色が鮮やか過ぎて違和感。
背景もくすんだ色のトーンに修正したら使えるかな。



※この写真は2013/7/21花フォトレッスン帳 夏の会の室内撮影実習の際に撮ったものです。
このイベントの詳しくは↓


http://watamomo.meriken.jp/lesson/index.html

2013年8月18日日曜日

やっと覚えたサンダーソニア/ホオズキにも似て

これサンダーソニアってお花。
最近教えていただいてやっと覚えました。



ひまわりの右横のオレンジ色のもそうです。
これなんかほおずきに見えますよね~。

最近花を沢山撮るようになって、花好きとも交流が出来て、お花の名前を教えて頂く機会も増えたのがとても嬉しいです。



花言葉:
「愛嬌」「祈り」「共感」「望郷」「祝福」「福音」「純粋な愛」

この中で福音という言葉の意味だけ分からなかったので、調べてみると。
※ふく‐いん【福音】
 喜びを伝える知らせ。よい便り。「―をもたらす」
 イエス=キリストによってもたらされた人類の救いと神の国に関する喜ばしい知らせ。また、福音書にしるされているキリストの生涯と教え。
(goo辞書から抜粋)

ひとつまた日本語を覚えましたね。

サンダーソニアについての詳しくは↓ご参考まで

http://www.hanakotoba.name/archives/2005/09/post_312.html

※この写真は2013/7/21花フォトレッスン帳 夏の会の室内撮影実習の際に撮ったものです。
このイベントの詳しくは↓


http://watamomo.meriken.jp/lesson/index.html

2013年8月17日土曜日

アナベル、紫陽花、色の変化、淡いライムグリーンへ

アナベルって紫陽花の一種。
元々は白く咲いていたものです。
淡いライムグリーンに変化。

手触りはドライフラワーのようです。
2013/8/15撮影

同じ鉢の別の枝のもの。
水色に見えますが実際は白色です。

2013/7/6撮影
 これは7月のと同じものかな。
水に挿しても随分長持ちしていたのを覚えています。

2103/6/14撮影


このアナベルは今年我が家に仲間入りしたもので。
こんな風にライムグリーンに変化するのを調べてみて、最近ようやく知りました。


この品種とっても気に入りました。
我が家にあるのはまだ小さな鉢なのですが、もっと大きくしてたくさん花をつけれるように、育てたいと思います!

※アナベルの色の変化について少し抜粋
開くにつれて薄緑から真っ白に変わります。たくさんの花が集まった花房は直径が 20 センチ以上にもなります。まっ白な細かい花がとってもキレイで、花色は咲き進むにつれて淡いライムグリーンになります。
↓アナベルについての詳細、参考まで。

http://flower.town-web.net/7106/060321.html

2013年8月16日金曜日

いつも見ている景色を

いつも見ている景色。

キッチンから。


これはこの記事に写っている黄色い花と同じ花。草花です。


これはミント。

どちらも青っぽく、ホワイトバランスを調整して撮っています。

ついでにダイニングのこの窓は南向きです。
今は日除けをしています。

うちは風がよく通る家です。今の季節でも夜は風がありますので、割りと涼しい日が多いです。

でも、夏の昼間は吹き抜けの窓から、中庭の窓からの陽射しがきつくてなんとかしたいです。


なんとなく家の紹介っぽくなりましたが。
いつも見ている景色はこんな感じ。

ダリア/光に透かして

ダリア3枚、どれも大きなタイプです。
花びらの数がすごいですね。

ダリアと言えば去年の10月淡路島に行った時(ウェスティン淡路のすぐ近くの公園)のお花畑の事を想い出します。

大はしゃぎで撮りまくりました。

大きな花はなんだか撮りにくく感じるのです。


文字は花の中に入れたくなって、こんな感じ。


ちょっとだけ覗いでる感じです。


これは子どもたちを見守る母親のようだなって思いました。
今回は文字入れしないでこのまま。


ダリアの花びらは光に透かすとこんな風に写るんだなって。
花の色はこんな感じの優しい色合いが好きです。

※ダリア:
メキシコの国花花言葉は「華麗」「優雅」「威厳」「移り気」「不安定」「感謝」「栄華」。「移り気」「不安定」は、ダリアの花がフランス革命後の不安定な情勢の中で流行したことに由来する
 (ウィキペディアより抜粋)

※この写真は2013/7/21花フォトレッスン帳 夏の会の室内撮影実習の際に撮ったものです。
このイベントの詳しくは↓


http://watamomo.meriken.jp/lesson/index.html

2013年8月15日木曜日

レシピ本が最初の出会いで、やっとランチを

なすときゅうり、セロリのマリネサラダ。



大阪新町にある『room cafe ロカ』さんでだされている料理のレシピ本
『ロカの定食』を見て作りました。

これ、夏にいただくのが大好きで、いつも作るといっぱい食べ過ぎるんですよね。

なんだかボロボロに見えますね…

で、これは8月3日に初ランチを。


このあたり飲食店さんがとても多くて。

でもランチ時にしては早めに行ったかと思いますが、既にカウンターほぼ埋まってました。
かろうじて1人席が空いていたので、そこへ。


なんだか自然な雰囲気で、ランチもやっぱり味付けがシンプルで、
こういう食事は何回食べても飽きない感じですね。

お店の雰囲気、家庭的で温かい感じ。
本を見てからいつか行ってみたくて、やっとです!

↓紹介されている記事を見つけたので参考まで

http://www.inlifeweb.com/reports/report_2299.html

本は↓

マクロレンズを買わなくても

先月の7月21日からOLIMPUSのカメラに
マクロコンバーターというフィルターをつけて撮ってみています。

使用感は近くに寄って撮ると、ピントが合うのに時間がかかっていたのですが、
早いような気がします。

この花はアナベル、
フィルターをつけて撮りました、の見本にふさわしいかどうか分かりませんが。


最初は白い花が咲いていたのに、次に咲いたのはこんな色。
土の成分によってあじさい類は色が変わるっていいますね。


単焦点レンズとかマクロレンズとか、レンズを替えて撮ってはみたいのですが、
当分のあいだはこのフィルターで使い勝手を試しておこうと思います。