2017年6月13日火曜日

【2017年5月】我が家の庭の植物たち:ルッコラ、菜の花、クリーピングタイム、ビオラ、バコパ、エゴの木、ローズゼラニウム、イングリッシュラベンダーなど/花のある暮らし

うちの庭で育っている5月のお花たちです。今年の春は特に食べれるお花(エディブルフラワー)が水に挿して生けても可愛いんだなーっていうのが分かって、また楽しみが増えたように思います。

白いのはルッコラのお花、黄色いのはサラダ用に植えていた野菜のお花。ピンクのはローズゼラニウムで葉っぱが甘いローズ系の香りのするお花。



白いお花は岡山の母の庭から連れてきた名前の分からないお花ですが、黄色と合わせると綺麗だなーって思いました。


毎年暖かくなると自然に葉っぱが出て、お花が溢れるように沢山咲いてくれるクリーピングタイム、今年もこんな感じで。



うちの庭で結構大きくなっているエゴの木、花期はとても短くて、春になって暖かくなると沢山白い花が咲いて、数日で地面に落ちて散ってしまいます。白いお花が可憐で可愛いので枝ごとお家に。




今年も去年から植えていた何種類かのビオラは5月、6月くらいまで咲いていて。まだ咲いてるのもありますよ。


 淡い紫色のスカビオサも混じってます。




母が去年の秋に植えて持ってきてくれたバコパ、3色あるうちの一色で。今もよく咲いてます。




イングリッシュラベンダーもそろそろ咲きだしていて、これは買い足した分なので少し早め。以前からいる地植えのイングリッシュラベンダーは今ちょうど咲いていて、収穫時はいつかなぁと思ってるところです。


(日々の投稿は↓iPhoneからなので、気軽に投稿しています。)
/-----------------------------------------------------------------/
       instagram インスタグラムは→ 
     *Twitter    ツィッターは       →       
/-----------------------------------------------------------------/

2017年6月12日月曜日

風が吹いて気持ち良い、レストラン、特産品ショップの他に、コテージ、山野草公園もあります。『那岐山麓山の駅』へ/奈義町(岡山県北)

奈義町に行くとよく立ち寄る『那岐山麓山の駅』、暑い時は特にヒヤッとした風が気持ちよくて、高い場所から見渡す景色は清々しくて気持ち良い、お気に入りの場所です。




上の方をすでに食べてしまってますが、母に持ってもらってパチリ。私は黒豆とバニラのミックス、母はバニラ。量も多いのです。
特産品ショップもありますし、山野草のコーナーもあります。

赤い橋を渡った場所には山野草公園もあってとても広いので、私も全部はまわれていません。


赤茶色の屋根の建物が山の駅が出来た時からずっと気になっているコテージ、10月から2月の早朝には雲海が見えることもあるそうですよ。






帰り道。



ちなみに「那岐山」は鳥取県八頭郡智頭町と岡山県勝田郡奈義町の境界にある山で「なぎさん」とよび「奈義町」も「なぎちょう」なのですが、鳥取にも那岐駅(なぎえき)、那岐神社、那岐小学校などあって、ちょっとややこしい、、かもしれません。

*南に少しおりたところにある『そばカフェ木楽』さんに行った時のことは→こちら

(日々の投稿は↓iPhoneからなので、気軽に投稿しています。)
/-----------------------------------------------------------------/
       instagram インスタグラムは→ 
     *Twitter    ツィッターは       →       
/-----------------------------------------------------------------/

那岐山の麓、見晴らしが良くて池を眺めながら、ざる蕎麦のお昼ごはんでした。そばカフェ木楽さん/奈義町(岡山県北)

先週岡山の実家に帰っていて、母と一緒に行ったそばカフェ木楽さん。
うちの実家からは車で30分くらいはしった所にあります。テラス席からは池が見渡せて、気持ちのよい場所でした。


母は蕎麦アイスで私は少なめのざる蕎麦のセット。他にも蕎麦メニューはあたたかいお蕎麦から、ざる蕎麦でも大盛りに出来たりと沢山ありました。大好きなそば茶はおかわり自由で電気ポットに。

デザートは蕎麦プリン、そばもち、蕎麦シフォン等あったので、また次はデザートもいただきたいなぁと。母はステーキ丼とざる蕎麦のセットが気になるようでした。


2階は更に寛げる感じで、何かの集まりで貸し切りにするのもいいなぁーと。靴をぬいで2階に上がるのでお家のようにゆったり気分でした。




2階にもギャラリースペースが。


すごくおとなしい、ワンちゃんも可愛かったです。食べている人の所には全然来なくて、お行儀よくて。



奈義町は景色も綺麗でカラッとしていて、夏は涼しくて、実家に帰ると時々懐かしくて行きます。



*北に少し上がった所にある『那岐山麓山の駅』に行った時のことは→こちら

(日々の投稿は↓iPhoneからなので、気軽に投稿しています。)
/-----------------------------------------------------------------/
       instagram インスタグラムは→ 
     *Twitter    ツィッターは       →       
/-----------------------------------------------------------------/

2017年5月26日金曜日

去年行ったラトビアのリガでの森の民芸市(2016年)の写真が『世界の美しい市場』に掲載。

去年初めてラトビアのリガを1人で訪れた際、郊外の森の中、ラトビア民族野外民族博物館でおこなわれていた『森の民芸市』に行ってました。その時の写真をブログに投稿していたのですが。

編集者の方から去年(2016年)の10月、インスタグラムのメッセージをつかって、世界の市場を紹介する書籍をつくるので写真をつかいたい、との連絡を受けて。

今年(2017年)の5月に発行された「世界の美しい市場」に4枚掲載していただいたようです。(何枚か提出して好きに選んでいただきました)

編集者さんの丁寧で可愛らしいメッセージと共に送られてきた「世界の美しい市場」





ちょうど一年前くらいですし、懐かしいので去年のブログには載せていないものを。

ホテルに着いて、ストックマンデパートへ食料品を買い出しに行ってた時。


フルーツのジュースとベリーたっぷり入ったヨーグルトが美味しくて。


あとは『森の民芸市』の時の様子を。



森の中は大好きで、日本でもこんな風にお弁当広げて美味しいもの食べて、楽しみたいなぁと。








やっぱり去年のことなので、今年行ったらもっとこんな視点で撮るのになぁと思うこと多々あって恥ずかしい気持ちもあるのですが。去年のブログの記事はこちら

出版社さんの名前は株式会社エクスナレッジさん。この『世界の美しい市場』って本、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東アフリカ、アジア・オセアニアとタイトルのとおり世界中の市場が沢山掲載されてます。

クレジット表記は最後の方に少し、こんな感じで。「P52ーP55」のところに名前が。



旅の想い出と共に、更に本にも掲載されて、とても嬉しい。編集者さんとのやりとりや、こんな風に本をつくっていくやり方もあるんだなぁと勉強にもなる出来事でした。

それで、ホントに本は売られているんだろうか!と思ってよく行く阪急西宮ガーデンズの中の本屋さんで確認したら、アートの風景写真のコーナーにちゃんとありました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
世界の美しい市場 [ tabinote ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/5/26時点)


(日々の投稿は↓iPhoneからなので、気軽に投稿しています。)

/-----------------------------------------------------------------/
       instagram インスタグラムは→ 
     *Twitter    ツィッターは       →       
/-----------------------------------------------------------------/

2017年5月7日日曜日

初めての農家さん取材&料理のレシピ取材(朝倉山椒&篠山産の黒豆とお野菜)

ハーブ・スパイスって、うちの家庭菜園でちょこちょこ栽培しているのもあってどんな料理、どんな食材に合うのか、食べる以外にはどんな事につかえるのか、以前からとても興味があって。

和のスパイスの山椒もとても気になる存在でした。

去年の話しに遡るのですが。偶然が何個か重なってピンときたこともあって、去年の秋から1年間のプログラムのあるスクールに入っております。

そこで2016年の年末までは、自分たちで食材を決めて農家さんへ取材、一緒に送る冊子を皆でつくって(取材して記事を書いていく)、食材と一緒に注文のあったお客様に送り届けるという、そんな内容のクラスのカリキュラムで。

その中でクラスのメンバーに養父市の方がいらっしゃったこともあって、養父市特産の「朝倉山椒」の農家さんと、↓の商品、朝倉山椒の入った『山椒ジェノベーゼ』とかの商品の企画販売をされている『やぶパートナーズ』さんへの取材のアポがとれ、みなさんで行くことが出来たのです。これが2016年11月のことでした。


結果的には、スケジュールがちょっときつくて食材と冊子をセットにして販売するところまではいかなかったのですが。
当初『山椒ジェノベーゼ』を1つ候補にしていて、この商品、パスタ以外の美味しい食べ方をお客様に提案できないかと思っていたところ。

クラスのメンバーYさんのお友達の方で篠山市で茶房を営んでいる方がスクールのある篠山口駅前の農村イノベーションラボに来られて、試食用の猪鍋と山椒ジェノベーゼを野菜と果物に合わせたお料理をつくってくださってました。



その時は夜だったので、茶房のあるお店でお昼間に行って明るい時に写真を撮らせていただけないかなぁと思ってYさんを通してお願いしたところ、快く引き受けてくださったことがキッカケで。

更に黒豆の煮豆以外の美味しい食べ方ってないですかねーって話から、何個か提案してくださった中の比較的簡単に出来そうな黒豆ポタージュの料理までつくっていただける事になりました。

農家さんへの取材も初めてでしたが、数人で行ってるのとお仕事で取材慣れされてる方もいらっしゃったので、あまり心配なかったのですが。

今度のメインは私で、料理の取材も初めて、でも不安を感じる暇もなく、うつわ使いや盛り付けのコツとか、彩りに工夫されている点とか、そのあたりを特にお聞きしたくて、ホントにギリギリで質問内容を小谷さんに送れたのも前日の夜だったかと。
そんな中12月の取材は行なわれました。Yさんは事前の段取りをしてくださり、当日は付き添いな感じで全体を見守ってくださっていて。

茶房の名前は『岩茶房丹波ことり』さん。お料理をつくってくださったのは店主の小谷咲美さんです。この方のお父様は陶芸家の柴田雅章さんで、お店でつかわれているうつわはすべて柴田さんがつくられたものだそうで。

武家屋敷を改装して茶房にされていて、私が好きな古い建物リノベしたお店で更にうつわもいろんなタイプのがあってどれも素敵でした。


待っている間に美味しいお茶と北海道のおみやげのリスの形のクッキーと、試食用の蒸した黒豆までいただいてました。









↓お店の入り口なのですが、やっぱり段差があって靴をぬいでスリッパに履き替えるスタイル。写真の右手に厨房が、その日は厨房に入って写真を撮らせていただきながらの進行。いろんな食材が調理台に並べてあって、小谷さんはそこから最終どれ使います?どんな風に盛り付けます?どのうつわつかいます?って私の要望まで聞いてくださって、確認しながら進めてくださいました。

この日、お店も営業中で小谷さん以外のスタッフの方は2名、ケーキの注文も入ったっておっしゃられたので、お忙しいなかお客様への通常業務を平行して取材のお料理をつくってくださっていたようです。



詳しいつくり方などはサイトを今準備中なので、そちらに載せますが。こんな感じの盛り付けで、篠山産のお野菜、カラフルなもの盛り沢山。

 

『山椒ジェノベーゼ』の瓶の封をあけて、小谷さんにソースを綺麗にのせていただき。



↓こちらはフルーツの方。実は最初柿だけの予定で、それで充分だと、これ以上望んではバチが当たるんじゃないかと、そんな気持ちでいたのですが。

野菜の方を先に厨房→テーブルに持って行って、私は先に上の写真を撮っていたら。↓の柿とリンゴを交互に並べた綺麗なプレートをスタッフの方が持ってきてくださって。

もうびっくりして、「 可愛いーーー!! 」ってすごく喜んだのを覚えてます。小谷さん、思いついてリンゴを追加してくださったんだと思いますが、このリンゴの甘酸っぱさと『山椒ジェノベーゼ』の塩辛さとすごく合っていて、とっても美味しかったんです。
柿ももちろん合っていたのですが、リンゴを合わせたのが初めてで、感動的でした。


こちらも小谷さんに『山椒ジェノベーゼ』を綺麗にかけていただきました。(私だとぐちゃぐちゃってなるので…)お皿もとても合っていていいなぁと。


黒豆ポタージュのレシピも詳しくはサイトの方で。
盛り付けはこんな感じです。これも白いカブのさいの目切りとピンクペッパーを合わせてくださって、オリーブオイルのたらし方とか、見ていてとても勉強になりました。あーこんな風に合わせたらいいんだな、と。

質問で問いかけていた、私が欲しかった答えが、出していただいたすべてのことから、感じ取れるような、、ホントに感動ばかりしていて。





写真をひととおり撮り終わってから、最後にYさんの取り計らいでまかないの黒豆ご飯も一緒に、取材用につくっていただいたお料理を小谷さんとスタッフのお二人の方とYさんと私のみんなでテーブル囲んでいただきました。

私はいただきながら材料とか、つくり方の確認をしながらだったのですが、美味しいね、美味しいねって食べ物のお話をして、黒豆ごはんもこの日初めていただいたくらいで、もちろんとても美味しくて。


ほとんど初めてお会いする方ばかりだったのですが、なんかすごくアットホームだなぁーと取材のメモをしながらなので、緊張もあるのですが、美味しいもの食べて楽しくおしゃべりして、勉強にもなって、なんて有意義な時間なんだ、と感動しながら篠山から車を運転して西宮の自宅へ帰ったのでした。

お忙しいなか小谷さん含めスタッフのお二人の方も協力してくださって、ホントに有難いなぁと。何回お礼を伝えても伝えきれないくらいです。

そしてまたレシピの方は今準備しているサイトの方で載せさせていただきます。

最後に去年の秋からお世話になっているスクールは篠山イノベーターズスクール私は去年の秋からの一期生です。

篠山が更に大好きになった出来事のひとつでした。

(日々の投稿は↓iPhoneからなので、気軽に投稿しています。)
/-----------------------------------------------------------------/
       instagram インスタグラムは→ 
     *Twitter    ツィッターは       →       
/-----------------------------------------------------------------/